HOME > 合成樹脂・機能性化学品部門

オレフィン系熱可塑性エラストマー

オレフィン系ゴムとオレフィン系樹脂を主原料とする架橋型熱可塑性エラストマーは、ゴムのようなコンパウンド工程や加硫工程を必要とせず、又、ナチュラル銘柄は容易に着色することもできます。

スチレン系熱可塑性エラストマー

加硫ゴムライクな弾性と感触で広く履物・雑貨に使用されています。また、樹脂改質材として利用可能で 樹脂性能向上を図ることが可能です。

改質効果)

(1)耐衝撃性、耐靱性の向上
(2)低温特性の向上
(3)成形性(深絞り性等)の向上
(4)二次加工性(塗装性、印刷特性および接着性)の向上
(5)滑り抵抗性の付与


▲ページトップへ戻る